Mac OS X 10.5.4 アップデートについて

Mac OS X 10.4 アップデートは、Mac OS X 10.5、10.5.1、10.5.2、および 10.5.3 Leopard を推奨の対象としています。このアップデートには、Mac の安定性、互換性、セキュリティを強化する全般的なオペレーティングシステムの改良が含まれています。

セキュリティアップデートに関する詳細については、こちらの記事 を参照してください。

重要:インストール前にお読みください。
 

  • アップデートのインストールに先立ってシステムをバックアップすることをお勧めします。
  • プログレスバーが変更なしの状態が数分間続いても、インストールプロセスを中断しないでください。停電などの理由でインストールが中断された場合は、「ソフトウェアアップデート」ページから単体インストーラ (下記参照) をダウンロードし、アップデートをインストールしてください。
  • 他社製のシステムソフトウェアの変更がインストールされている場合や、何らかの方法でオペレーティングシステムを変更した場合は、予期しない結果を招くことがあります。(一般的なアプリケーションソフトウェアがインストールされている場合、この注意事項は適用されません。)
  • ソフトウェアアップデートが予期せず終了するなど、インストール時の問題については、こちらの記事 を参照してください。

アップデートのインストール

OS X 10.5.4 にアップデートするには、ソフトウェアアップデートと単体インストーラの 2 通りの方法があります。コンピュータをアップデートするには、前述のいずれかを使う必要があります。

ソフトウェアアップデート

アップルメニューの「ソフトウェアアップデート」を選択すると、インターネット経由でこのアップデートを含む最新の Apple ソフトウェアの自動確認が行われます。(ソフトウェアアップデートでは、アップデートの詳細の参照先としてこの記事へのリンクが含まれる可能性があります。)コンピュータが最新の状態でない場合は、コンピュータに使用可能なほかのソフトウェアアップデートが表示されることがあるので、インストールしてください。ソフトウェアアップデートからアップデートをインストールする際、アップデートのサイズ はコンピュータによって異なります。また、アップデートによっては、ほかのアップデートより先にインストールする必要があります。したがって、目的のアップデートをすべてインストールするまでに、ソフトウェアアップデートを数回実行することになります。

単体インストーラ

アップデートインストーラをダウンロードし、手動で実行します。このオプションは、アップデートを 1 度だけダウンロードして複数のコンピュータをアップデートする場合に便利です。これらの単体インストーラのバージョンは、ソフトウェアアップデート から入手できます。

Mac OS X 10.5.4 アップデートは、Mac OS X 10.5 から 10.5.3 までのすべてのバージョンが推奨対象となります。

  • Delta アップデートを実行すると、Mac OS X 10.5.3 から 10.5.4 にアップデートできます。
  • コンボアップデートでは、Mac OS X 10.5、10.5.1、10.5.2、10.5.3 を 10.5.4 にアップデートできます。
     

アップデートの内容

10.5.4 アップデートは、Mac OS X Leopard をお使いのすべてのユーザの方々を推奨の対象としています。このアップデートには、Mac の安定性、互換性、セキュリティを強化するオペレーティングシステムの全般的な修正が含まれています。

一般情報

  • 最新の Apple セキュリティアップデート が含まれています。
  • リモートサーバへの Adobe Creative Suite 3 ファイルの保存と再オープンに関する問題が解消されています。
  • 一部のカメラの RAW イメージサポートが追加されました。
  • X11 アプリケーションが部分的にインストールされる問題が解消されています。
  • L2TP VPN クライアントの信頼性が向上しています。

AirMac

  • 5GHz ネットワークでの AirMac の信頼性が向上しています。
  • Logic Studio または MainStage のパフォーマンスの低下原因となる AirMac の問題が解消されています。

iCal

  • iCal の会議への参加依頼、キャンセル通知、委任、iPhone との同期機能の信頼性が全体的に向上しています。
  • イベント作成者への通知なしに iCal イベントを削除できない問題が解消されています。
  • すべてのカレンダーのイベントによって空き時間状況が影響を受ける問題が解消されています。空き時間状況を確認する際、情報のみのカレンダーをチェックボックスでトランスペアレントにできるようになりました。
  • 委任したカレンダーを別のウィンドウで表示できない UI の問題が解消されています。
  • イベント間での参加者のコピー&ペーストに関する問題が解消されています。
  • iCal の環境設定で指定した時間が経過した後イベントを削除するように設定してあるにも関わらず、イベントが削除されない問題が解消されています。
  • ToDo にプライベートのマークを付けることができない問題が解消されています。

Safari

  • 保護されている Web ページを読み込む際の潜在的なパフォーマンスの問題が解消されています。
  • スマートカードに常駐するクライアント証明書によって保護されている Web ページにアクセスする際の問題が解消されています。

Spaces および Exposé

  • Finder ウィンドウを開いているスペースから別のスペースへ移動した際、移動先のスペースに常駐するアプリケーションではなく Finder がアクティブになってしまう問題が解消されています。
  • システム環境設定の「Spaces」にあるアプリケーション割り当てリストから該当するスペースにアプリケーションをドラッグしても、アプリケーションがドラッグ先に割り当てられない問題が解消されています。
  • Exposé で、ウィンドウのサブセットしか表示されない問題が解消されています。

 

公開日: