Apple DVI - Video アダプタについて

Apple DVI - Video アダプタ を使用すると、Power Mac G5、Mac mini、MacBook Pro などの DVI ポートから、S-Video 端子またはコンポジット端子を備えた映像機器 (TV、VCR など)、あるいは S-Video コネクタまたは RCA (コンポジット) コネクタ搭載のオーバーヘッドプロジェクタに接続することができます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ディスプレイがすでに搭載されている MacBook Pro などの機種で Apple DVI - Video アダプタを使用すると、デスクトップを拡張したり、ビデオミラーリングを行うことができます。

ビデオミラーリング」機能を使うと、現在のディスプレイに表示されているイメージを別のモニタ、テレビ、プロジェクタなどに表示できます。

拡張デスクトップ」機能を使うと、現在のディスプレイのほかの外部ディスプレイに表示領域を広げることができます。

外部ディスプレイへの接続は「プラグ&プレイ」です。外部ディスプレイまたはプロジェクタの電源を入れ、適切なアダプタをディスプレイに接続します (上記を参照)。次に、アダプタをコンピュータの背面にある DVI ポートに接続するだけです。
ヒント:お使いのコンピュータが外部ディスプレイまたはプロジェクタを自動的に検出するように、アダプタを外部ディスプレイまたはプロジェクタに差し込んでから、コンピュータに接続してください。

「システム環境設定」を開き、「ディスプレイ」パネルをクリックして、ミラーリングと拡張デスクトップモードを切り替えることができます。「調整」ボタンをクリックして、プライマリディスプレイを設定します。ミラーリングと拡張デスクトップモードをすばやく切り替えるには、「F7」キーを押します。

公開日: Thu Jan 28 14:57:45 GMT 2016