Mac OS X v10.4 and later:ネットワーク接続時に .DS_Store ファイルの作成を抑制する方法

ここでは、.DS_Store ファイルがネットワーク接続によって作成されないようにする方法について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Finder を使ってリモートファイルサーバを操作しているときに .DS_Store ファイルが作成されないよう Mac OS X ユーザアカウントを設定するには、次の手順を実行してください。

注意:これにより SMB/CIFS、AFP、NFS、WebDAV サーバの操作が影響を受けます。

  1. ターミナルを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。
    defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores true
  3. コンピュータを再起動するか、ユーザアカウントから一度ログアウトしてからログインし直します。

同じコンピュータのほかのユーザアカウントにおいて .DS_Store ファイルが作成されないようにするには、そのユーザアカウントにログインして上記の手順を実行するか、新たに修正した com.apple.desktopservices.plist ファイルのコピーを、ほかのユーザアカウントの ~/ライブラリ/Preferences フォルダに置いてください。

これらの手順により、Finder が ローカルボリュームにおいて .DS_Store ファイルを作成しないようにしたり、すでに存在する .DS_Store ファイルがリモートファイルサーバにコピーされないようにすることはできません。

リモートファイルサーバに .DS_Store ファイルが作成されないようにすると、Finder で予期しない動作が起こることがあります (こちら をクリックして、その一例を参照してください)。

最終更新日: