Nike + iPod:センサーがレシーバー、iPod touch (2nd generation)、または iPhone 3GS で認識されない

iPod nano、iPod touch (2nd generation)、または iPhone 3GS に「Nike+iPod」メニューまたはアプリケーションが表示されているにもかかわらず、センサーに接続できない場合は、次の手順で問題を解決してみてください。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

iPod nano の場合

  1. お使いの iPod nano ソフトウェアが最新バージョンであること、iTunes がインストールされていることを確認します。
  2. レシーバーが iPod nano に取り付けられている場合は、レシーバーを取り外します。
  3. iPod nano の Dock コネクタや Nike + iPod レシーバーにゴミや異物がはさまっていないか目で確認します。
  4. iPod nano のメインメニューに進みます。
  5. Nike + iPod レシーバーを iPod nano に接続します。
    • 「Nike+iPod」メニュー項目が表示されない場合、詳しくは「 Nike + iPod:レシーバーが iPod nano から認識されない」を参照してください。
    • メインメニューに「Nike+iPod」メニュー項目が表示される場合は、「Nike+iPod」 > 「履歴」 と選択し、バッテリーが残り少なくなっていると表示されていないか確認します。
    • バッテリーが十分残っている場合は、センサーがスリープモードになっていないか確認します。センサーをシューズから取り外し、ペンまたはクリップの先でセンサーの「スリープ/スリープ解除」ボタンを 1 回押して、センサーのスリープモードを解除します(押すのは 1 秒程度にしてください。長押しするとセンサーがスリープモードに切り替わります)。
  6. センサーをシューズに戻し、軽く歩き回ると、センサーがアクティブ化され、レシーバーによって検出されます。

これで問題が解決されない場合、または別のセンサーが利用可能な場合は、別のセンサーをレシーバーに接続してください。レシーバーに別のセンサーを接続できる場合は、取り外したセンサーを修理サービスに出してください。

iPod touch (2nd generation) または iPhone 3GS の場合

注意:iPod touch (2nd generation) および iPhone 3GS には Nike + iPod レシーバーが内蔵されています。外部レシーバーを取り付ける必要はありません。

  1. お使いの iPod touch (2nd generation) または iPhone 3GS ソフトウェアが最新バージョンであること、iTunes がインストールされていることを確認します。
  2. ペンまたはクリップの先でセンサーの「スリープ/スリープ解除」ボタンを 1 回押して、センサーがスリープモードになっていないことを確認します。
  3. ホーム画面で「設定」をタップします。
  4. 下にスクロールし、「Nike + iPod」オプションをタップします。

  5. ページの最上部にある「On/Off 」ボタンをタップして、Nike + iPod 機能をいったん無効にしてから再び有効にします。

  6. センサーをシューズに戻し、軽く歩き回ってアクティブ化すると、iPod touch または iPhone 3GS にセンサーが再リンクされます。

これで問題が解決されない場合、または別のセンサーが利用可能な場合は、別のセンサーを iPod touch または iPhone 3GS に接続してください。iPod touch または iPhone に別のセンサーを接続できる場合は、取り外したセンサーを修理サービスに出してください。

Nike + iPod Sport Kit の詳細については、「Nike + iPod ユーザーズガイド」を参照してください。

重要:Apple 以外の他社製品に関する記述は、情報提供のみを目的としており、Apple による支持または推奨を意味するものではありません。詳細については、「ベンダーに関する情報を見つける」を参照してください。

公開日: