Mac OS X 10.3, 10.4:設定アシスタント/移行アシスタントを使ってデータを転送する際によくお問い合わせいただく質問 (FAQ)

一部のバージョンの設定アシスタントまたは移行アシスタント (Mac OS X 10.4 以降に付属して ユーティリティ フォルダに保存されている) を使って簡単に以前の Mac から新しい Mac にデータを転送できる方法を説明します。この方法は、Mac OS X 10.4 および Mac OS X 10.3.4 がインストールされて出荷されたコンピュータ (Power Mac G5 (June 2004) コンピュータなど) に適用されます。これらのコンピュータの設定/移行アシスタントには、データの移行機能が備わっています。アシスタントによってコピーされたデータは、以前の Mac からは削除されません。

Mac OS X 10.4 Tiger のヒント:Mac OS X 10.4 では、Mac OS X 10.3.4 以降同様、Mac OS X 10.4 のインストール後に設定アシスタントを実行します。それから、移行アシスタント (「ユーティリティ」フォルダにあります) を使って別の Mac (または以前のバージョンの Mac OS X のパーティションの場合は、「この Mac の別のボリュームから」オプション) からデータを転送することができます。詳しくはこちら

注意:PowerPC ベースの Mac から Intel ベースの Mac に転送された一部のソフトウェアは、移行後に アップデートが必要な場合があります

次の質問の回答を確認してください。


アシスタントの「データ転送」機能について教えてください。

Mac OS X 10.3.4 以降がインストールされているコンピュータに付属の設定アシスタントを使うと、これまで使っていた Mac (OS X 10.1 以降) に保存されているデータ (アカウント設定やホームフォルダの内容など) を新しい Mac に簡単に転送できます。2 台のコンピュータを接続するのに FireWire ケーブルが必要です。新しいコンピュータの電源をはじめて入れると、古いコンピュータからデータを転送 (または「移行」) するかどうかを尋ねるメッセージがアシスタントに表示されます。まず、古いコンピュータの ファームウェアが最新バージョンであること を確認してください。


新しいコンピュータにデータを転送するタイミングとして最適なのはいつですか?

新しいコンピュータにデータを転送するのに最適なタイミングは、はじめて新しいコンピュータを起動するときです。FireWire ケーブルがあることと、古いコンピュータのファームウェアが最新バージョンであることだけ確認してください。古いコンピュータ上の「クリーンアップ中」ファイルについては、心配ありません。FireWire 経由のデータ転送には時間がかかりませんし、新しい Mac の方が古い Mac よりも大きい保存用の領域があります。
 


アシスタントを使って、古いバージョンの Mac OS X がインストールされているコンピュータにデータをコピーすることはできますか?

いいえ。このバージョンのアシスタントは、付属していたコンピュータのみで動作します。ただし、FireWire ポートがあって、Mac OS X 10.1 以降がインストールされている場合は、古いコンピュータの配列からデータをコピーすることができます。古いコンピュータのファームウェアが最新バージョンであること を確認してください。

別のコンピュータにデータを転送するには、アシスタントに加えてほかのものも使えます。たとえば、.Mac iDisk/バックアップ、または Ethernet/AirMac などのネットワーク接続を使うことができます。古いコンピュータのファイルを CD または DVD に書き込んでから、ファイルの内容をこれらのディスクから新しいコンピュータにコピーすることもできます。


プリンタリストが転送されません。

アシスタントを使ってデータを移行すると、プリンタ設定が転送されないことがあります。Mac OS X 10.4 をお使いの場合は、こちらの記事 を参照してください。または、簡単に再設定する ことができます。


iSync 設定および Bluetooth 登録が設定されていませんが、転送されていないのでしょうか?

設定アシスタントを使って情報をコピーした後にログインすると、もう一度 Bluetooth デバイスを登録して、iSync デバイスの設定を構成し直す必要があります。これらの設定は、古いコンピュータからコピーされません。


以前のコンピュータで開いて表示できた一部のウインドウが予期しない場所にある、または Dockの「下」にあります。

データを転送したときに古いコンピュータでウインドウが開いていると、この問題が発生する可能性があります。また、新しいコンピュータが、古いコンピュータとは異なる画面解像度を使用している場合、この問題が発生することがあります。

この問題が発生したら、ウインドウを目的の場所にドラックするだけで移動できます。システム環境設定の「ディスプレイ」パネルでより高解像度の画面表示を試してもかまいません。

ウインドウが Dock「の下」にあって取得できない場合は、アップルメニューから「Dock」を選択して、サブメニューから「“自動的に隠す”機能を切にする」を選択すると、Dock が表示されなくなります。ウインドウのアイコンをクリックして、展開したり、移動したりします。必要に応じて、「自動的に隠す」機能を再び入にします。


設定アシスタントを使って FileVault で保護されたアカウントを転送しようとしていますが、「FileVault ユーザは既存のユーザがある Mac に転送することはできません。」と表示されます。

FileVault では、ホームディレクトリが暗号化されたディスクイメージファイルに保存されて保護されます。このイメージファイルは、新しいコンピュータが移行されない限り (かつ既存のユーザアカウントがない場合) 古い Mac から新しい Mac に移行することができます。

アカウントのホームディレクトリおよびアカウント設定を後で移行するには、古い Mac を起動してアカウントの FileVault 保護を解除します。それから、設定アシスタントを使って、目的のアカウントまたはデータを転送します。新しいコンピュータで FileVault を使ってもう一度アカウントを保護することができます。


一部の設定が転送されませんでした。システム環境設定の「省エネルギー」「セキュリティ」(「スリープの後、またはスクリーンセーバが開始した後、パスワードを要求」を含む)、「ソフトウェア・アップデート」の「重要なアップデートを自動的にダウンロード」」環境設定、「Classic」環境設定 (「Warn before starting Classic」など)、iDisk ミラー設定、および「入力メニュー」設定 (その他のキーボード配列および方法を含む) が転送されませんでした。

おっしゃる通りです。一部の環境設定は、以前の Mac から転送されません。新しい Mac には、古い Mac では「夢」でしかなかった「省エネルギー」オプションがあり、ほかの設定については、システム環境設定または「ディレクトリアクセス」ですぐに設定し直すことができます。たとえば、システム環境設定の「省エネルギー」パネルを使って、設定アシスタントでデータを移行した後に、スリープおよびその他の設定を行います。

転送しようとすると、新しいコンピュータが応答しなくなります (「フリーズ」します)。別の FireWire ケーブルも試してみました。

ご心配いりません。新しいコンピュータには問題ありません。コンピュータやケーブルにも問題はありません。コピー元のコンピュータのファームウェアを アップデート する必要があります。

ほかの FireWire デバイスを接続しても問題が解決しない場合は、ほかのデバイスを外してみてください。


大量のデータを転送して、瞬時にできました。今度はさらに大量のデータを古いコンピュータから転送しようと思うのですが、可能でしょうか?

もちろん、設定アシスタント (または Mac OS X 10.4 以降の場合は移行アシスタント) を開くだけで、転送できます。前述の通り、FileVault で保護されたアカウント以外はすべて転送することができます。


転送後、一部のアプリケーションの再インストールが必要だと聞いたので、再インストールしましたが、動作しません。

古いコンピュータでかなり古いバージョンの Mac OS を使っていた場合は特に、新しいコンピュータの Mac OS のバージョンに対応した、それらのアプリケーションのアップデートが必要です。通常、アプリケーションのメーカーからの簡単なパッチまたはアップデートで、一般的な問題を解決することができます。アップデートまたは詳しい情報については、アプリケーションのメーカーにお問い合わせください。


新しい Mac のユーザアカウントを設定した後、新しい Mac のアカウントと同じアカウント名の古い Mac からアカウントを転送したところ、新しい Mac のアカウント (同じ名前の) にあったデータがすべてなくなってしまいました!

ご心配いりません。情報は削除されたのではなく、移動しただけです。新しい Mac のアカウントのホームフォルダにあるファイルは、「ユーザ」フォルダの中の「削除されたユーザ」にあります。ヒント:設定アシスタントが最初に尋ねたときに情報を転送すると、この状況を回避できます。


ユーザアカウントをすでに設定してあります。設定アシスタントを使って同じ名前のアカウントを古い Mac から転送したら、ログインできません。何が起きたのでしょうか?

古い Mac と新しい Mac のアカウントパスワードが異なると、アカウント名が同じでも、この問題が発生します。古い Mac で使っていたログインパスワードを使います。ログインパスワードを忘れた場合は、リセット できます。

設定アシスタントを使って、重要なファイルを別のディスクにバックアップまたはアーカイブできますか?

設定アシスタントは、ファイルを古いコンピュータから新しいコンピュータに (または、Mac OS X 10.4 の場合、セカンダリパーティションの Mac OS X から Tiger パーティションに) 移行する目的のみで設計されています。データを別のコンピュータに送信または同期する目的では設計されていません。ただし、他社製のソリューション を調べることはできます。

公開日: