バッテリーアップデート 1.3 について

バッテリーアップデート 1.3 は、バッテリーのファームウェアをアップデートし、MacBook Pro (15-inch) のバッテリーのパフォーマンスに関する問題を解決します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

システム条件

バッテリーアップデート 1.3 のインストールには、Mac OS X v10.4.10 以降が必要です。

バッテリーアップデート 1.3 は、次の製品に対応しています。

  • MacBook Pro (15-inch)
  • MacBook Pro (15-inch Glossy)
  • MacBook Pro (15-inch Core 2 Duo)
  • MacBook Pro (15-inch 2.4/2.2GHz)

注意:バッテリーアップデートをインストールすると、MacBook Pro に挿入する各バッテリーが自動的にアップデートされます。

バッテリーがアップデートされるタイミング

BatteryUpdater により、システム起動時、スリープ解除時、バッテリー挿入時の各時点で、バッテリーのアップデートが必要かどうかがチェックされます。これらの時点で AC 電源が入っていない場合は、AC 電源が入った時点で、バッテリーのアップデートが必要かどうかがチェックされます。バッテリーのアップデートが必要な場合は、自動的にバッテリーがアップデートされます。バッテリーを挿入してから 30 秒以上が経過するか、ユーザアカウントでログインしてから 30 秒以上が経過した後で、バッテリーがアップデートされたかどうかをご確認ください。

バッテリーアップデート 1.3 がインストールされているかどうかを確認するには

  1. 次のように Finder で「SystemConfiguration」フォルダに移動します。
    1. 移動」メニューから「フォルダへ移動」を選択します。
    2. 「/System/Library/SystemConfiguration」と入力してから、「移動」をクリックします。
  2. 「BatteryUpdater.bundle」という名前のファイルを選択します。
  3. ファイル」メニューの「情報を見る」を選択し、「バージョン」を確認します。

バージョンが BatteryUpdater 1.3 になっている場合は、システムとバッテリーはすでにアップデートされています。

「SystemConfiguration」フォルダに「BatteryUpdater.bundle」というファイルがない場合は、こちら からアップデータをダウンロードしてインストールしてください。

公開日: