Nike + iPod:センサーのバッテリーについて

Nike + iPod センサーのバッテリーは交換または再充電できませんが、耐久時間は 1,000 時間を超える寿命があります。センサーには高度なビルトイン型の電源管理システムが搭載されていて、稼動しているとき (つまり、運動を感知しているとき) だけ電力を消費するようになっています。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

センサーの使用耐久時間が残り 30 時間程度になると、iPod nano、iPod touch、または iPhone 3GS にバッテリー残量が少ないことを示す信号が送信されて、センサーを交換する必要があることがわかります。ワークアウトを開始する直前または直後に、お使いの iPod または iPhone にセンサーのバッテリー残量が残り少ない状態であることが通知されます。

iPod および iPhone 3GS のいくつかの世代についてバッテリー残量が少ないことを示すインジケータの例を次に示します。

次の Nike + iPod アプリケーションを起動すると、お使いの iPod touch (2nd generation) および iPhone 3GS に、センサーのバッテリー残量が少ないことを示す警告が表示されます。
イメージ

 

ワークアウトの開始前に「Replace Sensor Soon」と通知されます。 また、ワークアウト中は、センサーアイコンが点滅します。

 

ワークアウトの開始前に「Replace Sensor Soon」と通知されます。 ワークアウトを終了すると、「ワークアウトを終了」画面にもバッテリー残量が少ない状態であることが通知されます。
image image

 

iPod nano (2nd generation) の場合、ワークアウト中に 「Now Running」画面にバッテリーとシューズのイメージが交互に点滅し (下のイメージを参照)、センサーのバッテリー残量が少ない状態であることが通知されます。「ワークアウトの概要」画面の下部にも「Sensor - Battery Low」と表示されます。
イメージ

 

Nike + iPod センサーの交換が必要な場合は、アップル正規サービスプロバイダ (AASP) またはApple Store 直営店 で交換用キットをお求めください。

Nike + iPod Sport Kit の詳細については、「Nike + iPod ユーザーズガイド」を参照してください。

公開日: