Mac OS X 10.5:再起動するたびに設定アシスタントが表示される

設定アシスタントの全ページを完了した後も Mac OS X 10.5 Leopard を起動するたびに設定アシスタントが表示され続ける場合は、以下の手順を実行します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
  1. セーフモード で起動します。
  2. ログインウインドウが表示されても、ログインせず、代わりにログインウインドウの下に表示されている「再起動」ボタンをクリックして、コンピュータを通常どおり起動します(「再起動」ボタンが表示されない場合は、「戻る」ボタンをクリックし、「再起動」ボタンをクリックします)。
  3. コンピュータを通常どおり起動し、ソフトウェアアップデートから、Mac OS X 10.5.2 以降にアップデートします。

それでも問題が解決されない場合は、以下の手順を実行してください。

  1. コンピュータを シングルユーザモード で起動し、以下のコマンドを実行します (コマンド 1 行入力するたびに「Return」キーを押します)。

    mount -uw /
    rm /var/db/.SoftwareUpdateOptions
    reboot

  2. コンピュータを通常どおり起動し、ソフトウェアアップデートから、Mac OS X 10.5.2 以降にアップデートします。
公開日: