Mac のメンテナンスに関するクイックヘルプ

Mac をベストの状態に維持する最良の方法は、定期的にシステムソフトウェアをアップデートし、システムをバックアップして、定期的なメンテナンス作業を実行することです。

Mac をベストの状態に維持するためのヒント

  1. Mac を最新の状態に保つ
    Apple メニューで、「ソフトウェア・アップデート」を選択します (お使いの Mac がインターネットに接続されていることを確認してください)。ソフトウェアアップデートにより、お使いの Apple ソフトウェアの最新バージョンが確認されます。インストールされていないアップデートがあれば、「ソフトウェア・アップデート」ウインドウに表示されます。「インストール」ボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードおよびインストールします。

    スケジュールを設定して自動的に (毎日、毎週、または毎月の頻度で) ソフトウェアアップデートを確認することも可能です。
     
  2. ファイルを整理しファイル名をつける
    見つけやすい場所にファイルを保存します。間違えてファイルを削除してしまうことを防いだり、効率よくファイルを検索できるようになります。整理整頓の基礎として、新しいフォルダを作成して (Finder で「shift + command + N」キーを同時に押します)、手元にあるファイルをお好きな構成で保存したり、既存のフォルダに移動してください。 ファイルやフォルダがどこにあるかわからなくなった場合は、Spotlight を使ってすばやく見つけられます。

    ヒント:必要なものをすばやく見つけられるよう、ファイルとフォルダには総称的な名前ではなく、より説明的な名前をつけます。整理に役立つだけでなく、検索で目立ちやすくしたり、目的のものを見つけやすくなります。特に DSC_0431.jpg のような名前がついたデジタル写真の中から 1 ファイルを見つける場合に有用です。

    注意:iPhoto を使って写真を管理している場合は、Finder で写真ファイル名を変更しないでください。

    注意:このアドバイスは、「アプリケーション」フォルダのアプリケーション (Mail、iTunes、Safari など) には当てはまりません。問題が発生するのを防ぐには、「アプリケーション」フォルダにアプリケーションを残しておき、それらの名前を変更しないようにする必要があります。Dock からアプリケーションを開く最もすばやく簡単な方法は、アプリケーションを Dock にドラッグすることです。
     
  3. データを定期的にバックアップする
    誤ってファイルをなくしたり、バックアップからシステム全体を復元する必要が出てきた場合に備えて、コンピュータを定期的にバックアップする必要があります。Mac OS X v10.5 以降では、Time Machine を使って、異なるディスクからファイルを簡単にバックアップし復元できます。手動でファイルを CD、DVD、外付けハードドライブ、iDisk、その他のストレージデバイスにバックアップすることもできます。
     
  4. ほとんど使わないファイルをアーカイブしてディスク領域を増やす
    ほとんど使わない大容量のファイルをアーカイブして空きディスク容量を増やせます (アーカイブの方法については こちらの記事 を参照してください)。その際、アーカイブファイルには適切な名前をつけ、内容を明らかにしておくことも重要です。要らなくなったファイルや古いファイルは処分します。ゴミ箱にドラッグした後で、ゴミ箱を空にしてください。
     
  5. Mac を清掃する
    Mac、ディスプレイ、キーボード、マウスなどを清掃する方法については、「Mac 製品のお手入れ方法」を参照してください。
公開日: