Mac OS X 10.5.3 アップデートについて

Mac OS X 10.5.3 アップデートは、Mac OS X 10.5、10.5.1、および 10.5.2 Leopard を推奨の対象としています。このアップデートには、Mac の安定性、互換性、セキュリティを強化する全般的なオペレーティングシステムの改良が含まれています。セキュリティアップデートの詳細については、この Web サイトにアクセスしてください。Mac OS X 10.5 Leopard には 300 を超える新機能が準備されています。インストールも簡単で、すでにお持ちのソフトウェアやアクセサリと連動します。

重要: インストール前にお読みください

  • アップデートのインストールに先立ってシステムをバックアップすることをお勧めします。
  • プログレスバーが変更なしの状態が数分間続いても、インストールプロセスを中断しないでください。停電などの理由でインストールが中断された場合は、「ソフトウェア・アップデート」ページから単体インストーラ(下記参照)をダウンロードし、アップデートをインストールしてください。
  • 他社製のシステムソフトウェアの変更がインストールされている場合や、何らかの方法でオペレーティングシステムを変更した場合は、予期しない結果を招くことがあります(一般的なアプリケーションソフトウェアがインストールされている場合、この注意事項は適用されません)。
  • ソフトウェア・アップデートが突然終了するなど、インストール中に問題が発生した場合は、この記事を参照してください。

アップデートのインストール

OS X 10.5.3 にアップデートするには、ソフトウェア・アップデートと単体インストーラの 2 通りの方法があります。コンピュータをアップデートするには、前述のいずれかを使う必要があります。

ソフトウェア・アップデート

アップルメニューの「ソフトウェア・アップデート」を選択すると、インターネット経由でこのアップデートを含む最新の Apple ソフトウェアの自動確認が行われます(ソフトウェア・アップデートでは、アップデートの詳細の参照先としてこの記事へのリンクが含まれる可能性があります)。コンピュータが最新の状態でない場合は、コンピュータに使用可能なほかのソフトウェア・アップデートが表示されることがあるので、インストールしてください。ソフトウェア・アップデートを使用してインストールする場合、アップデートのサイズはコンピュータによって異なります。また、アップデートによっては、ほかのアップデートより先にインストールする必要があります。したがって、目的のアップデートをすべてインストールするまでに、ソフトウェア・アップデートを数回実行することになります。

単体インストーラ

アップデートインストーラをダウンロードし、手動で実行します。このオプションは、アップデートを 1 度だけダウンロードして複数のコンピュータをアップデートする場合に便利です。これらの単体インストーラのバージョンは、ソフトウェア・アップデートページから入手できます。

Mac OS X 10.5.3 アップデートは、Mac OS X 10.5 から 10.5.2 までのすべてのバージョンが推奨対象となります。

  • Delta アップデートを使用すると、Mac OS X 10.5.2 から 10.5.3 にアップデートできます。
  • Combo アップデートでは、Mac OS X 10.5、10.5.1、10.5.2 を 10.5.3 にアップデートできます。


アップデートの内容

Mac OS X 10.5.3 アップデートは、Mac OS X 10.5 を実行しているすべてのユーザの方々を推奨の対象としています。このアップデートには、Mac の安定性、互換性、セキュリティを強化するオペレーティングシステムの全般的な修正が含まれています。  

一般情報

  • アプリケーションで Helvetica ではなく Helvetica Narrow が使用されるフォントの問題が修正されました。
  • 一部の USB 装置でビデオとオーディオ再生が断続する問題が解決されました。
  • Word of the Day、iTunes Artwork、スライドショーのスクリーンセーバの安定性の問題が解決されました。
  • Finder に一部の接続済みハードドライブが表示されない問題が修正されました。
  • 画面解像度が異なる複数の Mac で .Mac を Dashboard ウィジェットに同期する際の問題が解決されました。
  • 一部のカメラの RAW イメージサポートが追加されました。
  • ソフトウェア・アップデートのプログレスバーインジケータの精度が向上しました。
  • 共有環境設定でコンピュータ名が空白になっていると Finder が使用できない問題が解決されました。
  • Active Directory のバインドとログインが改良されました。
  • “.local”ドメインで Active Directory ユーザとしてログインしたときの遅延が解消されました。
  • AFP ファイルサーバボリュームでの Spotlight 検索機能が向上しました。
  • クライアントは Mac OS X 10.4 Open Directory サーバにバインドされていればログインウインドウでパスワードを変更できるようになりました。
  • Microsoft ISP プロキシを使用してインターネットに接続したときの Safari の安定性が向上しました。

アドレスブック

  • 内蔵検索機能を使用してアドレスデータを検索したときの安定性の問題が解決されました。
  • アンパサンド文字を含むアドレスのマッピングの問題が解決されました。
  • アドレスブックから iChat でチャットを開始できるようになりました。 


AirMac

  • 802.1X の動作と信頼性が向上しました。 
  • Time Capsule を使用したときの信頼性が向上しました。

Automator

  • 「実行時に表示」オプションが有効なときに一部のアクションを実行できない問題が解決されました。
  • 「新規 iCal イベント」アクションが機能しない問題が解決されました。
  • Finder のコンテクストメニューでワークフローを保存できない問題が解決されました。
  • ファイルを日付で検索する Automator スクリプトの信頼性の問題が修正されました。 
  • Finder のコンテクストメニューでワークフローを保存できない問題が解決されました。
  • 「選択された Finder 項目を取得」アクションからワークフローを開始すると、Finder プラグインとしての Automator ワークフローが機能しない問題が解決されました。
  • Automator の警告ダイアログから追加したときに「ファイルをコピー」アクションが確実に機能しない問題が修正されました。

iCal

  • イベントをプライベートとしてマークできるようになったため、プライバシーに関する潜在的な問題が解決されました。
  • 建物内の会議室の定員と利用可能性がインスペクタに表示されない問題が解決されました。
  • 現在の日付が週ビューの左端のカラムに表示される問題が解決されました。
  • 会議アラーム、招待状、添付書類の信頼性の問題が解決されました。
  • iCal バックアップから復元するときの信頼性の問題が解決されました。
  • 自動入力、使用状況データ、および場所の名前の精度に関する問題が修正されました。
  • カレンダーを削除すると iCal で過去のイベントのキャンセル通知が送信される問題が解決されました。
  • iCal の同期の信頼性に関する問題が修正されました。

iChat

  • 画面共有の信頼性に関する問題が解決されました。
  • iChat でチャットの記録を開いたり閉じたりすると、保存されているチャット記録が「使用中」と報告される問題が解決されました。
  • グループチャットのインデックスが Spotlight に作成されない問題が解決されました。
  • 最後の 250 件のアクティブなチャットだけが保存されていましたが、行数に制限なく保存できるように修正されました。
  • ポータブル Mac で発生するエコーのキャンセルの問題が解決されました。

Mail

  • 新しいメッセージを自動的に毎分チェックするように Mail を設定すると、待機スリープに入れなくなる問題が解決されました。
  • 大きな添付書類をメールメッセージにドラッグしたときに発生する安定性の問題が解決されました。
  • ファイルを Dock の Mail アイコンにドラッグしたときに新規作成ウインドウが 2 つ開いていると発生する問題が修正されました。
  • オフラインでメールボックスに変更を加えたときの信頼性の問題が解決されました。
  • 標準テキストに連続スペースがあると発生する折り返しの問題が解決されました。
  • Safari からメールを送信したときに一部の Web ページが文字化けして表示される問題が修正されました。
  • 送信済み、下書き、送信メールボックスの「宛先」列に「Cc」受信者のリストが誤って表示されてしまう問題が解決されました。
  • 標準テキストのメモに添付書類を追加したときの信頼性の問題が解決されました。
  • 認証済み RSS 配信の信頼性の問題が修正されました。
  • メールメッセージにエイリアスを添付すると、実際のファイルが送信されない問題が解決されました。

ペアレンタルコントロール

  • アプリケーションのログ記録と時間制限に関する信頼性の問題が解決されました。
  • ペアレンタルコントロールが原因で強制スリープできなくなる問題が解決されました。 
  • Web コンテンツフィルタのパフォーマンスに関する問題が解決されました。
  • 管理対象アカウントで iChat 記録が作成されない問題が修正されました。
  • 4 バイトファイルとホワイトリストに関する問題が解決されました。

Spaces

  • 別のスペースに切り替えてから元のスペースに戻ろうとすると、アプリケーションウインドウの表示順が並べ替えられ、アクティブなウインドウも変更される問題が解決されました。
  • Dock からアプリケーションを起動すると、現在のスペースでそのアプリケーションのウインドウが開いていても別のスペースに切り替えられる問題が解決されました。
  • 「Command」キーと「Tab」キーを押しても新しいスペースに正しく切り替えられない問題が修正されました。
  • .Mac を使用して環境設定を同期するときの Spaces の信頼性の問題が解決されました。

Time Machine

  • Time Capsule と Time Machine の互換性に関する修正が追加されました。
  • バッテリー電源で稼動しているポータブル Mac をバックアップするときの一部の問題が解決されました。 
  • Aperture 2 との互換性の問題が解決されました。
  • Time Machine バックアップで完全復元を行ったときの信頼性の問題が解決されました。
  • Time Machine の使用後に特定のファンクションキーが使用できなくなる問題が修正されました。
  • バックアップボリュームに十分な空き領域がない、と誤った情報を表示するアラートメッセージが修正されました。
  • Time Machine がアップデートされ、Mail の添付書類とメッセージを確実に復元できるようになりました。

VoiceOver

  • GW Micro、HandyTech、HIMS、Nippon、Papenmeier Refreshable Braille ディスプレイが使用できる Braile Update 1.0 が追加されました。
  • 点字の 7 の点と 8 の点の下線の問題が解決されました。
  • VoiceOver カーソルで HTML ページのアンカーが無視される問題が修正されました。
  • テキスト領域でホットスポットを使用できない問題が修正されました。
  • スペルチェックを実行したときに、間違っている単語が複数あっても VoiceOver が最初の単語しか知らせない問題が解決されました。

重要:Apple 以外の他社製品に関する記述は、情報提供のみを目的としており、Apple による支持または推奨を意味するものではありません。詳細については、「ベンダーに関する情報を見つける」を参照してください。

公開日: