iPhone、iPad、iPod touch で位置情報サービスと GPS のオン/オフを切り替える

位置情報サービスと GPS のオンとオフをアプリごとに切り替える方法について説明します。

アプリに位置情報の使用を許可する方法

アプリによっては、位置情報サービスをオンにしないと動かないものもあります。1アプリではじめて位置情報サービスの情報が必要になった時点で、情報へのアクセスを求める通知が表示されます。以下のいずれかを選択してください。

  • アプリに必要時に位置情報サービスの情報の利用を認めるには、「許可」をタップします。

  • アクセスを阻止するには、「許可しない」をタップします。2

  • 「次回または共有時に確認」をタップし、「アプリの使用中は許可」「1 度だけ許可」または「許可しない」を選択します。

iOS デバイスや iPadOS デバイスは、Wi-Fi と Bluetooth を使って現在地を判定する場合があります。GPS と携帯基地局の位置情報は、iPhone および iPad (Wi-Fi + Cellular) モデルで利用できます。

特定のアプリに対して位置情報サービスのオンとオフを切り替える方法

  1. 「設定」>「プライバシーとセキュリティ」>「位置情報サービス」の順に選択します。

  2. 「位置情報サービス」がオンになっていることを確認します。

  3. 下にスクロールして、目的のアプリを探します。

  4. アプリをタップし、オプションを選択します。

    • しない:位置情報サービスの情報へのアクセスを阻止します。

    • 次回または共有時に確認:「アプリの使用中は許可」「1 度だけ許可」または「許可しない」を選択できます。

    • このアプリの使用中:アプリまたはその機能が画面に表示されている場合に限り、位置情報サービスへのアクセスを認めます。アプリに対して「このアプリの使用中」が設定されている場合、ステータスバーが青くなり、アプリが位置情報を使用中であるというメッセージが表示されます。

    • 常に:アプリがバックグラウンドで動作中でも、位置情報へのアクセスを認めます。

iOS 16 搭載 iPhone14 Pro の「設定」>「プライバシーとセキュリティ」>「位置情報サービス」

この画面に、アプリが位置情報をどのように利用するかについて、説明が表示されるはずです。アプリによっては、選択肢が 2 つしかない場合もあります。

特定の位置情報を共有する方法

iOS 14 および iPadOS 14 では、一部のアプリで「正確な位置情報」を使って、特定の位置情報を入手できます。おおよその位置情報だけを共有するには、「正確な位置情報」をオフにしてください。アプリで正確な位置情報が特に必要なければ、おおよその位置情報で十分です。以下の要領で行ってください。

  1. 「設定」>「プライバシーとセキュリティ」の順に選択し、「位置情報サービス」を選択します。

  2. アプリを選択し、「正確な位置情報」のオン/オフを切り替えます。

iOS 16 搭載 iPhone14 Pro の「位置情報サービス」>「正確な位置情報」

プライバシーと位置情報について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

  1. 位置情報サービスは、GPS と Bluetooth (いずれも利用可能な場合)、Wi-Fi ホットスポットと携帯基地局の位置情報のクラウドソーシングデータベースを利用して、デバイスのおおよその位置を割り出します。

  2. 位置情報の利用許可を求め、利用を認められない限り、アプリが位置情報を利用することはありません。

公開日: