言語

Ethernet: 10/100/1000BASE-T Ethernet ポートのピン配列

(この情報は、こちらの記事を翻訳したものです。日本での状況とは異なる場合があります。)

この記事では、Macintosh コンピュータの 10/100 およびギガビット Ethernet ポートのピン配列について説明します。

この記事には、以下の製品に関する内容が記載されています。

  • iMac
  • Power Mac G4
  • PowerBook G3 Series (Bronze Keyboard)
  • PowerBook (FireWire)
  • PowerBook G4
  • iBook (FireWire)
  • iBook (Dual USB)
  • Macintosh Server G3
  • Power Macintosh G3 (Blue and White)
Ethernet ポートは RJ-45 コネクタを使用します。通常、このポートはコンピュータの背面または側面に設置されています。表 1 は、10BASE-T および 100BASE-T の信号とピンアサイン(ピンの割り当て)について示しています。表 2 は、1000BASE-T(「ギガビット Ethernet」とも呼ばれます)の信号とピンアサインについて示しています。

表 1:10BASE-T および 100BASE-T の信号

ピン番号 信号名信号の定義
1TXP 送信 (+)
2TXN 送信 (-)
3RXP 受信 (+)
4-不使用
5-不使用
6RXN 受信 (-)
7 -不使用
8 -不使用

表 2:1000BASE-T の信号
ピン番号 信号名信号の定義
1TRD+(0) データ 0 を送信および受信 (+)
2TRD-(0) データ 0 を送信および受信 (-)
3TRD+(1) データ 1 を送信および受信 (+)
4TRD+(2)データ 2 を送信および受信 (+)
5TRD-(2)データ 2 を送信および受信 (-)
6TRD-(1) データ 1 を送信および受信 (-)
7TRD+(3)データ 3 を送信および受信 (+)
8TRD-(3)データ 3 を送信および受信 (-)

ギガビット Ethernet は、Gigabit Ethernet Alliance によって開発され IEEE 802.3 委員会によって規定された規格です。この規格の目的は、既存の LAN の設備を利用して、最大 1 Gbps(ギガビット/秒)の転送速度を実現することです。このため、ギガビット Ethernet では 10/100 Mbps(メガビット/秒)ネットワークで利用されている、カテゴリ 5 以上のシールドされていないツイストペアケーブル (UTP) および RJ-45 コネクタを使用します。ギガビット Ethernet 対応のハードウェアで最高の転送速度を実現するには、ギガビット Ethernet に対応したスイッチ、ハブ、ルータを接続する必要もあります。接続しないと、Power Mac G4 (Gigabit Ethernet) の転送速度は使用されているネットワークハードウェアに応じて 10 Mbps または 100 Mbps に切り替わります。

ギガビット Ethernet を使用するには、8 本の線(4 ペア)すべてが備わっている Ethernet ケーブルを使用する必要があります。安価な 2 ペアのケーブルを使用すると、最高通信速度は 100 Mbps にしかなりません。

Ethernet インターフェイスは ISO/IEC 802.3 仕様に準拠しています。機種に応じて、準拠する IEEE 仕様は、802.3i (10BASE-T)、802.3u-1995 (100BASE-T)、802.3ab (1000BASE-T) に分かれます。

最終更新日: 2008/10/04
  • 最終更新日: 2008/10/04
  • 記事: TA26096
  • 表示回数:

    5280

その他の製品サポート情報