言語

アーカイブ - 電子メールで添付書類を送受信する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
(この情報は、こちらの記事を翻訳したものです。日本での状況とは異なる場合があります。)

この記事では、2 台の Macintosh コンピュータ間や、Macintosh と Windows PC 間で、電子メールの添付書類を送受信することについて説明します。

添付書類とは?

添付書類とは、電子メールメッセージを使って他のユーザに転送するハードディスク上のファイルのことです。ほとんどの場合、添付書類を送信することは電子メールプログラムの多くでサポートされている単純なプロセスです。ただし、添付書類を送信する相手先によって、気を付けなければならないことがあります。それらの注意点をこの記事で説明していきます。

なぜ添付書類を送信するのでしょうか?

添付書類を送る主な理由は、テキストの電子メールメッセージに合わせることが難しいファイルを転送するためです。それらのファイルには、表計算ファイルのデータベース、ファイルを理解するために極めて重要な形式のテキストを含んでいる文書ファイルなどがあります。

添付書類を別の Macintosh に送信する

別の Macintosh ユーザに添付書類を送信することは、例外を除けば何も問題はありません。主な例外とは、相手先が持っていないアプリケーションで作成したファイルを送信する場合です。電子メールメッセージを送る前に、相手先に問い合わせて、添付書類を開けるかどうかを確認しておくのがよいでしょう。

添付書類を Windows コンピュータに送信する

添付書類を Macintosh から Windows コンピュータに送信するのは、ファイル形式の互換性の問題があるため、少し厄介です。Mac OS と Windows がファイルを共有するのは容易ではありません。しかし、Macintosh から送ったファイルを Windows コンピュータで読み込めるようにする方法はあります。

Macintosh と Windows プラットホーム両方で利用可能なアプリケーションであれば、ファイルがいずれかのプラットホーム上で読むことができるので、プロセスは簡単になります。ファイル名には、必ず適切な 3 文字の拡張子を付けてください。一番最後で紹介する TIL の記事には、ファイル拡張子のリストが含まれています。

繰り返しますが、ファイルを作成したアプリケーションと同じアプリケーション、または互換性のあるアプリケーションを相手先が持っているかどうかを確認するのが最も良い方法です。圧縮(詳しくは以下で説明します)は使わないほうがよいでしょう。

ヒント 1 ? できるだけ添付書類を使わない

送信する書類がすべてフォーマットされていないテキストであるなら、テキストを直接電子メールに入力するか、またはペーストしてください。送信する必要がある書類に表や画像が含まれていて、電子メールメッセージの中に入れるのが難しい場合は、添付書類を使うほうがよいでしょう。

  • Macintosh から Macintosh へ電子メールメッセージを送る場合は、添付書類のサイズが約 50 kB 以下であれば圧縮しないで送信しても構わないでしょう。このサイズのファイルは、一般電話回線でダウンロードしても長い時間はかかりません。ファイルまたは複数のファイルがこれ以上のサイズになる場合は、圧縮する必要があります。
  • Macintosh から 他の PC へ電子メールメッセージを送る場合、添付書類がテキストであるなら、書類を ASCII、またはストレートテキストとして保存するのが最もよい方法です。これにより、電子メールメッセージを受信する相手先が、普段使用している Windows ワードプロセッサでファイルを開くことができます。

ヒント 2 ? 添付書類のサイズを小さくする

添付書類を送る必要がある場合は、添付書類のサイズをできる限り小さくしてください。だれもが電子メールに速くアクセスできるネットワークを利用しているわけではないからです。非常に大きいサイズの添付書類が付いた電子メールをダウンロードするには時間がかかり、また、費用もかかります。

ヒント 3 ? 圧縮ユーティリティ

圧縮ユーティリティは Mac OS と Windows の両方に対応していますので、この 2 つのシステム間で圧縮ファイルを送信できます。Aladdin System 社の “StuffIt”は Macintosh と Windows 両方のバージョンがあります。“StuffIt”で圧縮されたファイルにはファイル機能拡張子として「.sit」が付いています。

電子メールメッセージの送信先が Windows コンピュータを使っている場合、電子メールを送る前に、大きいサイズの添付書類を受信できるかどうかを確認するとよいでしょう。

ファイルフォーマットの詳しい情報

TIL article 24464: "インターネット: 一般的なファイルフォーマット"ここでは、ファイルフォーマットの広範囲なリストと、それらを開く方法が説明されています。

最終更新日: 2008/10/04
  • 最終更新日: 2008/10/04
  • 記事: TA25933
  • 表示回数:

    669

その他の製品サポート情報