言語

iMovie '11: ビデオを読み込む

ビデオを読み込む

「iMovie」でムービーを作成するには、最初にカメラからコンピュータにビデオ素材を読み込む(転送する)必要があります。次のような、ほとんどのタイプのビデオカメラから読み込むことができます:

  • DVD、ハードディスクドライブ、またはフラッシュメモリに録画するデジタル・ビデオ・カメラ。このタイプのカメラは、USB ケーブルを使ってコンピュータに接続します。

  • ビデオを録画できるデジタルカメラ。このタイプのカメラはフラッシュメモリを使用し、多くの場合は SD(Secure Digital)カードや CF(コンパクトフラッシュ)カードにデータを保存します。このタイプのカメラは、USB ケーブルを使ってコンピュータに接続します。

  • テープに録画するビデオカメラ。このタイプのカメラは、FireWire ケーブルを使ってコンピュータに接続します。

このレッスンでは、デジタル・ビデオ・カメラとテープに録画するタイプのビデオカメラからの読み込み方法について説明します。

ビデオを読み込むと、そのビデオは「イベントライブラリ」内にイベントとして保存されます。イベントは、「iMovie」でムービープロジェクトを作成するときに使用する素材です。

DVD、ハードディスクドライブ、またはフラッシュメモリに録画するビデオカメラからビデオを読み込む

  1. カメラに付属のケーブルか、ほかの同様の USB ケーブルを確認します。

    ケーブルのコネクタの少なくとも一方は、Mac に差し込めるよう、左のコネクタ(下図 A)ような形状をしている必要があります。もう一方の、録画デバイスに差し込む方の端は、多少形状が異なることがあります(下図 B)。ケーブルコネクタの詳細については、次のトピックを参照してください:ビデオ・ケーブルコネクタについて

    USB ケーブルのコネクタのイメージ
  2. このケーブルを使ってカメラをコンピュータに接続します。

  3. カメラの電源を入れ、PC 接続モードに設定します(モードの名前はカメラによって異なります)。

  4. はじめて高解像度(HD)ビデオ録画デバイスから読み込みを行う場合は、「HD 読み込み設定」ダイアログが表示されます。すぐには高解像度ビデオを読み込まない場合でも、「大」または「最大」を選択して、「OK」をクリックします。

  5. 「読み込み」ウインドウが開かない場合は、「ファイル」>「カメラから読み込む」と選択します。

    「読み込み」ウインドウに、デバイス上に記録されているすべてのビデオクリップが表示されます。ビューアの下にある再生コントロールを使って、クリップを再生できます。

    再生コントロールのイメージ
  6. 読み込むビデオクリップを選択するには:

    • すべてのクリップを読み込むには、「自動」/「手動」スイッチを「自動」に設定してから「すべてを読み込む」をクリックします。

      「自動」/「手動」スイッチのイメージ
    • 特定のクリップを読み込む場合は、「自動」/「手動」スイッチを「手動」に設定します。その後、読み込まないクリップの選択を解除してから「チェックした項目を読み込む」をクリックします。

  7. 「保存先」ポップアップメニューから、ビデオを保存するディスクを選択します。

    通常、ビデオはコンピュータのハードディスクに保存されます。ただし、コンピュータに別のハードディスクが接続されている場合は、そこに保存できます。

  8. 読み込んだビデオを「イベントライブラリ」内でどのように整理するかを選択します:

    • 読み込んだビデオを既存のイベント(すでに読み込み済みのビデオ)に追加する場合は、「既存イベントに追加」を選択し、ポップアップメニューからそのイベント名を選択します。はじめてビデオを読み込むときには、「イベントライブラリ」に既存のイベントはありません。

    • 新しいイベントを作成する場合は、「新規イベントを作成」フィールドに名前(たとえば、「誕生日パーティー」など)を入力します。別々の日に録画されたビデオを読み込むときに、その日付ごとに新規イベントを作成したい場合は、「データを日付別に新規イベントに分割」を選択します。

  9. 「iMovie」でビデオのぶれの多い部分を滑らかにする場合(「手ぶれ補正」と呼ばれる処理)、または「iMovie」で人が含まれるかどうかについてビデオを解析する場合は、「読み込み後に解析」を選択して、ポップアップメニューからオプションを選択します。

    手ぶれ補正は、ビデオ内のカメラの動きを少なくして、ぶれている部分が滑らかに再生されるようにします。人が含まれているかについてビデオを解析すると、人が含まれている素材にマークが付けられます。後で人の素材が必要なプロジェクトを作成するときには、このビデオを簡単に検索できます。

    手ぶれ補正と人が含まれているかについてのビデオの解析には、時間がかかることがあります。

  10. HD ビデオを読み込む場合は、「ビデオを最適化」ポップアップメニューからサイズを選択します。

    読み込むビデオが HD ビデオかどうか分からない場合は、カメラのユーザマニュアルで、HD または標準解像度(SD)ビデオを録画するためのカメラの設定方法を確認してください。

    選択するオプションは、手順 4 で「HD 読み込み設定」ダイアログ(はじめてビデオを読み込むときのみ表示されます)で選択した設定よりも優先されます。

  11. 「OK」をクリックします。

    ビデオの量によっては、「iMovie」にビデオを読み込むために数分から 1 時間以上かかることがあります。

テープベースのビデオカメラからビデオを読み込む

  1. カメラに付属のケーブルか、ほかの同様の FireWire ケーブルを確認します。

    Mac に差し込む方の端は 6 ピンコネクタ(下図 A)、ビデオカメラに差し込む方の端は 4 ピンコネクタ(下図 B)のケーブルを使用します。ビデオカメラに差し込む終端の形状が異なる FireWire 800 ケーブルもあります。ケーブルコネクタの詳細については、次のトピックを参照してください:ビデオ・ケーブルコネクタについて

    FireWire ケーブルのコネクタのイメージ
  2. ビデオカメラの電源を入れ、VTR または VCR モードに設定します(モードの名前はカメラによって異なります)。

  3. このケーブルを使ってカメラをコンピュータに接続します。

  4. 高解像度(HD)ビデオを録画できるビデオカメラからはじめて読み込むときには、「HD 読み込み設定」ダイアログが表示されます。すぐには高解像度(HD)ビデオを読み込まない場合でも、「大」または「最大」を選択して、「OK」をクリックします。

  5. 「読み込み」ウインドウが開かない場合は、「ファイル」>「カメラから読み込む」と選択します。

  6. 「自動」/「手動」スイッチを設定します:

    「自動」/「手動」スイッチのイメージ
    • 自動:
      自動的にテープを巻き戻し、テープ上のビデオをすべて読み込んで、テープをもう一度巻き戻します。このオプションを使用する場合は、「OK」をクリックします。
    • 手動:
      テープを手動で巻き戻し/早送りして、必要な素材だけを読み込むことができます。コントロールを使って、読み込みを開始したい位置でテープを止めます。
      再生コントロールのイメージ
  7. 「読み込み」をクリックします。

  8. 「保存先」ポップアップメニューから、ビデオを保存するディスクを選択します。

    通常、ビデオはコンピュータのハードディスクに保存されます。ただし、コンピュータに別のハードディスクが接続されている場合は、そこに保存できます。

  9. 読み込んだビデオを「イベントライブラリ」内でどのように整理するかを選択します。

    • 読み込んだビデオを既存のイベント(すでに読み込み済みのビデオ)に追加する場合は、「既存イベントに追加」を選択し、ポップアップメニューからそのイベント名を選択します。はじめてビデオを読み込むときには、「イベントライブラリ」に既存のイベントはありません。

    • 新しいイベントを作成する場合は、「新規イベントを作成」フィールドに名前(たとえば、「誕生日パーティー」など)を入力します。別々の日に録画されたビデオを読み込むときに、その日付ごとに新規イベントを作成したい場合は、「データを日付別に新規イベントに分割」を選択します。

  10. 「iMovie」でビデオのぶれの多い部分を滑らかにする場合(「手ぶれ補正」と呼ばれる処理)、または「iMovie」で人が含まれるかどうかについてビデオを解析する場合は、「読み込み後に解析」を選択して、ポップアップメニューからオプションを選択します。

    手ぶれ補正は、ビデオ内のカメラの動きを少なくして、ぶれている部分が滑らかに再生されるようにします。人が含まれているかについてビデオを解析すると、人が含まれている素材にマークが付けられます。後で人の素材が必要なプロジェクトを作成するときには、このビデオを簡単に検索できます。

    手ぶれ補正と人が含まれているかについてのビデオの解析には、時間がかかることがあります。

  11. HD ビデオを読み込む場合は、「ビデオを最適化」ポップアップメニューからサイズを選択します。

    読み込むビデオが HD ビデオかどうか分からない場合は、カメラのユーザマニュアルで、HD または標準解像度(SD)ビデオを録画するためのカメラの設定方法を確認してください。

    選択するオプションは、手順 4 で「HD 読み込み設定」ダイアログ(はじめてビデオを読み込むときのみ表示されます)で選択した設定よりも優先されます。

  12. 「読み込み」をクリックします。

    自動的に読み込む場合は、コンピュータをそのままにして席を外し、読み込みが完了した頃に戻ってくることができます。

    手動で読み込む場合は、ビデオの中で必要な部分の読み込みが完了したところで、「読み込み」ウインドウの右下隅にある「停止」をクリックします。次に、読み込みのコントロールを使って次の読み込み開始位置までビデオを進めてから、手順 7 〜 11 を繰り返します。必要なビデオをすべて読み込むまでこの操作を繰り返します。

「iMovie」へのビデオの読み込みの詳細については、上の「ヘルプをブラウズ」ボタンをクリックして、「ビデオを iMovie に読み込む」のトピックを参照してください。

最終更新日: 2011/07/20
役に立ちましたか?
はい
いいえ
  • 最終更新日: 2011/07/20
  • 記事: PH2114
  • 表示回数:

    2183
  • 評価:
    • 100.0

    (1 件の回答)

その他の製品サポート情報