言語

iCloud: iCloudストレージとバックアップの概要

iCloudストレージとバックアップの概要

iCloudにサインアップすると、自動的に5 GBの無料ストレージが使えるようになります。iCloudストレージは、iCloudのバックアップ、iCloudに保存されたAppデータやドキュメント、iCloudメール(お使いの@icloud.comメールアカウント)に使用されます。

容量が足りなくなった場合、使用可能なiCloudストレージを増やす方法がいくつかあります。たとえば、カメラロールのバックアップサイズを減らす、バックアップするAppを変更する、不必要になったドキュメントや古いメールメッセージを削除する、などの方法があります。また、ストレージプランをアップグレードすることで、ストレージを増やすこともできます。詳細については「iCloudストレージ管理の概要」と「iCloudストレージをアップグレードする」を参照してください。

iCloudにバックアップされるデータ

ご利用のiPhone、iPad、iPod touchには、重要なデータが保存されています。iCloudは毎日Wi-Fi経由で、デバイスのバックアップを自動的に作成します。バックアップが作成されるのは電源がオンになっており、ロック中かつ電源接続中のときです。iCloudにバックアップされたデバイスのデータを使って、新規デバイスの設定や、既存のデバイスの情報の復元が簡単に行えます。

以下のデータがiCloudにバックアップされます:

  • 音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、本の購入履歴

    iCloudのバックアップには購入したコンテンツの情報が含まれますが、購入したコンテンツそのものは含まれません。iCloud バックアップから復元すると、iTunes Store、App Store、または iBooks Store から、購入済みのコンテンツが自動的にダウンロードされます。自動ダウンロードは、国別の iTunes in the Cloud で利用可能なコンテンツに基づいて行われます。なお、過去に購入した項目が払い戻しを受けている場合、またはもう iTunes Store で販売されていない場合は、その項目をダウンロードできないことがあります。

  • カメラロールにある写真やビデオ

  • デバイス設定

  • Appデータ

  • ホーム画面とAppの配置

  • iMessage、テキスト(SMS)、およびMMSメッセージ

  • 着信音

  • Visual Voicemail

iOSデバイスのバックアップは、デバイスに保存されたデータおよび設定だけをバックアップします。iCloud にすでに保存されているデータは含まれません (iOS App や Mac App を使って iCloud に保存した連絡先、カレンダー、ブックマーク、メールメッセージ、メモ、共有フォトストリーム、自分のフォトストリーム、書類など)。

最終更新日: 2014/02/17
役に立ちましたか?
はい
いいえ
Not helpful Somewhat helpful Helpful Very helpful Solved my problem
このページを印刷する
  • 最終更新日: 2014/02/17
  • 記事: PH12519
  • 表示回数:

    1977663
  • 評価:
    • 77.0

    (907 件の回答)

その他の製品サポート情報