言語

iOS パスコード

iOS デバイスでパスコードを設定、使用、変更する方法を説明します。

iPhone、iPad、または iPod touch にパスコードを設定しておくことは、データ保護 の一策として欠かせません。デバイスの電源を入れるか、スリープを解除するたびに、パスコードを入力しないとデバイスを使えない仕組みです。お使いのデバイスが Touch ID に対応している場合は、パスコードの代わりに指紋が使えます。

パスコードを使う

以下の操作を行うときに、パスワードの入力が必要です。

  • デバイスの電源を入れる、または再起動する
  • デバイスのスリープを解除する
  • 画面のロックを解除する

自分またはほかの人が間違ったパスコードを何度も入力すると、デバイスが一時的に使えない状態になります。パスコードを忘れた 場合は、デバイスのデータを消去してからでないと、デバイスを再び使えるようになりません。

パスコードを設定する

iPhone、iPad、または iPod touch のパスコードを設定するには、「設定」>「Touch ID とパスコード」(iPhone 5s) または「設定」>「パスコード」(その他のモデル) の順に選択し、「パスコードをオンにする」をタップします。

パスコードまたはパスコード設定を変更する

パスコードまたはパスコード設定を変更するには、「設定」>「Touch ID とパスコード」(iPhone 5s) または「設定」>「パスコード」(その他のモデル) の順に選択します。iOS 7.0.6 以前では、「設定」>「一般」でこれらの設定を調べます。

以下の設定が可能です。

  • パスコードを変更
  • パスコードを要求:スリープ状態になってからどれくらい時間が経過したらパスコードの入力を必須にするかを設定します。時間を短くした方がより安全です。
  • 簡単なパスコード:「簡単なパスコード」をオフにしてパスコードを 4 桁以上の長さに設定します。長いパスコードには、文字、記号、数字を含めることができます。
  • ロック中にアクセスを許可:デバイスがロック中に、音声ダイヤル、Siri、およびコントロールセンターを含めた一部の機能へのアクセスを許可します。
  • データを消去:パスコードの入力に 10 回失敗した後で自動的にデバイスの内容が消去されるように設定します。

パスコード設定の変更ができない場合、またはパスコードをオフにできない場合は、パスコードを必須とする構成プロファイルが使われている可能性があります。業務用または教育機関で用いられるデバイスでは、そうした設定になっているのが通常です。詳しくは、ネットワークまたはシステムの管理者に問い合わせてください。

最終更新日: 2014/06/18
役に立ちましたか?
はい
いいえ
  • 最終更新日: 2014/06/18
  • 記事: HT4113
  • 表示回数:

    null

その他の製品サポート情報

ディスカッションを開始
Apple サポートコミュニティ
この記事に関する質問をすべて見る 自分が投稿した質問をすべて見る