言語

iMovie: 書き出しの設定について

この記事では、iMovie 3 から QuickTime にムービーを書き出すときに、「詳しい設定」を使用するヒントを提供します。

QuickTime にムービーを書き出すときは、書き出し設定をカスタマイズすることができます。

これらの設定をカスタマイズするには:

    1.「ファイル」>「書き出し」を選択し、「書き出し」ポップアップメニューから「QuickTime 形式」を選択します。
    2.「形式」ポップアップメニューから「詳しい設定」を選択します。
    3.「書き出し」ボタンをクリックします。
    4.「書き出し」ポップアップメニューから「ムービーから QuickTime ムービー」を選択します。
    5.「オプション」ボタンをクリックします。
    • 「ビデオ」パネルの「設定」ボタンをクリックすると、品質、フレーム/秒(フレームレート)、基準フレーム単位の設定が表示されます。

    または

    • 「ビデオ」パネルの「サイズ」ボタンをクリックすると、フレームサイズのカスタマイズができます。

一般的には、フレームサイズとビデオの再生品質の関係から最善な設定を選択します。「詳しい設定」オプションを使用する前に、次のことを考慮してください:

Codec オプション

  • MPEG-4 は、インターネットムービーで使用される標準コーデック (codec: compressor/decompressor) です。MPEG-4 コーデックオプションを使用するには、QuickTime 6 以降が必要となります。
  • 旧型のコンピュータシステムでムービーが見えるようにするには、Motion JPEG コーデックを使用するのが良いでしょう。
  • Sorensen コーデックは、最新システムでムービーを見るのに適しています。旧型のシステム用には、Cinepak または Motion JPEG を使用します。


フレームサイズ、基準フレーム単位、フレームレート

  • ムービーのフレームサイズをはじめに選択します。主にフレームサイズによってムービーのファイルサイズが決まります。
  • 次に、基準フレーム単位の数を設定します。基準フレーム単位の数が大きいと、ムービーは高品質で再生しますがファイルサイズは大きくなります。基準フレーム単位の数が小さいと、ビデオ品質は低くなりますがファイルサイズは小さくなります。
  • フレームレートを最後に設定します。フレームレートを 12 フレーム/秒より低く設定すると、ビデオが途切れて再生される場合があります。ただし、フレームレートを高くすると、ファイルサイズが大きくなります。
最終更新日: 2008/09/11
役に立ちましたか?
はい
いいえ
  • 最終更新日: 2008/09/11
  • 記事: HT3130
  • 表示回数:

    1911
  • 評価:
    • 100.0

    (1 件の回答)

その他の製品サポート情報

ディスカッションを開始
Apple サポートコミュニティ
この記事に関する質問をすべて見る 自分が投稿した質問をすべて見る