言語

Power Mac G5: メモリ仕様と条件

Power Mac G5 および Power Mac G5 (June 2004) で採用されているメモリ (RAM) の種類と、取り付け時の条件について学びます。 Power Mac G5 のメモリスロットには 184 ピンの DIMM (Dual Inline Memory Module) を装着できます。メモリはコンピュータのモデルに応じた速度の DDR SDRAM を使用する必要があります(下の表を参照)。

重要:

  • 必要な RAM の速度は、コンピュータのシリアルラベルに 333 MHz または 400 MHz のいずれかが記載されています。
  • 指定された速度の RAM のみを使用してください。速度の遅い RAM(たとえば、PC2100 準拠)はこのコンピュータでは動作しません。
  • DDR SDRAM DIMM を取り付けるときは、2 枚を 1 組にして装着する必要があります。この場合、同じ容量で同じ速度の DIMM を 2 枚使用します。たとえば、512 MB の PC2700 準拠の DIMM が 2 枚必要になります。



    図 1:対にする 2 枚の DIMM を装着するスロットの位置

 

    1. DIMM はあらかじめこれらの 2 つのスロットに装着されています。
    2. メモリを増設するときは、まずこの 2 つのスロットに DIMM を装着します。
    3. スロットに空きがあり、さらにメモリを増設したい場合は、2 枚を 1 組にし、各バンクに 1 枚ずつ、内側から外側に向けて DIMM を装着します。



RAM の条件と容量

1.6 GHz Power Mac G5 4 4096 MB PC2700 以上 DDR SDRAM 184 ピン DIMM 128MB、256MB、512MB、1GB
1.8 GHz、2.0 GHz Power Mac G5 8 8192 MB PC3200 DDR SDRAM 184 ピン DIMM 128MB、256MB、512MB、1GB
デュアル 1.8GHz Power Mac G5 (June 2004) 4 4096 MB PC3200 DDR SDRAM 184 ピン DIMM 128MB、256MB、512MB、1GB
デュアル 2.0 GHz、デュアル 2.5GHz Power Mac G5 (June 2004) 8 8192 MB PC3200 DDR SDRAM 184 ピン DIMM 128MB、256MB、512MB、1GB


注意:Macintosh 用の DDR SDRAM を購入するときは、JEDEC (Joint Electron Device Engineering Council) 仕様に準拠していることをメモリベンダーに確かめてください。また、メモリベンダーに確認して、DDR SDRAM が JEDEC 仕様に記載されているように、正しいタイミングモードをサポートしており、SPD (Serial Presence Detect) 機能が正しくプログラムされていることをチェックしてください。
アップルの DDR SDRAM DIMM との互換性をチェックするには、アップルの Web サイトにある「Macintosh 製品ガイド」を参照してください。アップル純正のメモリは Apple Store でお求めになれます。

 

追加情報

RAM をインストールする際には、以下のことを確認してください:
1. 同じ容量と同じ速度の RAM がペアとして使用されていること。
2. DIMM は、2 枚を 1 組として、中央のバンクから外側に向けて正しいスロットにインストールされていること。

最終更新日: 2008/07/14
役に立ちましたか?
はい
いいえ
Not helpful Somewhat helpful Helpful Very helpful Solved my problem
このページを印刷する
  • 最終更新日: 2008/07/14
  • 記事: HT2248
  • 表示回数:

    524491
  • 評価:
    • 78.0

    (58 件の回答)

その他の製品サポート情報