言語

ソフトウェアのアップデートとアップグレードの違いについて

Apple ソフトウェアのアップデートとアップグレードの違いについて説明します。

アップグレード

Apple の「ソフトウェアアップグレード」は、ソフトウェア製品のメジャーなスタンドアロンバージョンです。このような製品は通常ご購入いただくもので、OS X のアップグレードは、「リファレンスリリース」と呼ばれることもあります。

たとえば、OS X Mountain Lion は Mac App Store から購入できるアップグレードです。
 

アップデート

「ソフトウェアアップデート」は、ソフトウェアのメジャー (リファレンスリリース) バージョンをアップデートしますが、次のメジャーバージョンへのアップデートは行いません (メジャーバージョンへのアップデートが存在する場合でも)。ソフトウェアアップデートは、OS X のソフトウェア・アップデートアプリケーション (Mountain Lion の場合は Mac App Store) から ダウンロード によって入手でき、通常は、Mac の安定性、互換性、およびセキュリティを強化する修正が含まれています。たとえば、Apple は OS X v10.7.4 アップデートを OS X Lion v10.7 に対するソフトウェアアップデートとして提供します。

追加情報

主な違い

  • ソフトウェアアップデートは通常無料でダウンロードでき、ソフトウェアアップグレードは通常無料でダウンロードできません。
  • ソフトウェアアップグレードでは通常、最初の「ピリオド」の後の数字が増加し (OS X Lion v10.7、Mac OS X Snow Leopard v10.6·など)、ダウンロード可能なソフトウェアアップデートでは通常、2 番目の「ピリオド」の後の数字が増加します (Mac OS X v10.7.4 など)。
最終更新日: 2012/08/02
役に立ちましたか?
はい
いいえ
Not helpful Somewhat helpful Helpful Very helpful Solved my problem
このページを印刷する
  • 最終更新日: 2012/08/02
  • 記事: HT1444
  • 表示回数:

    1777853
  • 評価:
    • 69.0

    (208 件の回答)