iPad:バッテリーの充電

iPad には、充電式バッテリーが内蔵されています。バッテリーを充電する方法や、サポートされている iPad USB アダプタを識別する方法を説明します。

iPad のバッテリーを充電するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 付属のケーブルと USB 電源アダプタを使って iPad をコンセントに接続します (お使いの iPad に対応するアダプタを確認するには以下の表を参照してください)。
  • 付属のケーブルを使って、高電力型 USB ポート 2.0 に接続します。

注意:一部の USB ポート 2.0 およびアクセサリでは、iPad を充電するのに十分な電力が供給されないことがあります。このような状況では、ステータスバーのバッテリーアイコンの横に「充電していません」というメッセージが表示されます。

画面の右上のバッテリーアイコンは、充電状況およびバッテリーのおよその残量を示しています。電源に接続すると、バッテリーアイコンの横に小さな稲妻アイコンが表示されます。iPad を同期しながら、または使用しながら充電すると、充電に時間がかかる場合があります。

充電式バッテリーは充電回数が限られているため、長期間使った場合は交換が必要になることがあります。バッテリーの寿命と充電回数は、使用方法と設定によって異なります。充電後の再生時間については、iPad 技術仕様 を参照してください。

充電のヒント

iPad は、同梱されている USB 電源アダプタで充電するよう設計されています。iPad はどの Apple USB 電源アダプタでも充電できます。高電力型 USB ポートが搭載されているコンピュータに接続した場合も、時間は長くかかりますが充電できます。(大半の Windows パソコンまたは以前の Mac コンピュータに搭載されている) 標準的な USB ポートを使ってコンピュータに接続すると、充電はされますが、iPad がスリープモードの場合に限られます。iPad を USB で充電する場合は、充電が終わるまでコンピュータの電源を入れたままにしてください。iPad を接続したコンピュータの電源が切れていたり、スリープモードやスタンバイモードだったりすると、iPad のバッテリーの残量が低下し続けます。

iPad のバッテリー残量が少なくなると、次のような画像が表示されることがあります。このような場合は、iPad を使う前に 20 分間以上充電してください。iPad のバッテリー残量が極端に少ない場合、電源に差し込んでからこのバッテリー残量少の画像が表示される前に約 2 分間画面に何も表示されなくなることがあります。白い充電アイコンまたはコンセントアイコンが表示されない場合は、iPad に付属の USB 電源アダプタに接続してください。

コンピュータの USB 2.0 ポートを使って iPad を充電する場合は、コンピュータが電源に接続されて、スタンバイ、スリープ、またはハイバネーションモードになっていないことを確認します。FireWire による充電にのみ対応した古いアクセサリに接続した場合、iPad は充電されません。これらのアクセサリに接続すると、iPad に以下の通知が表示されます。

充電には対応していません
「このアクセサリは動作しません」 「このアクセサリは充電には対応していません」

 

お使いの USB 電源アダプタを識別する

Apple 10W
USB 電源アダプタ
10 W
  • すべての iPhone モデル
  • iPad (3rd generation) 以前
  • すべての iPad mini モデル
Apple 12W
USB 電源アダプタ
12 W
  • すべての iPhone モデル
  • すべての iPad および iPad mini モデル
         
Apple USB
電源アダプタ
5 W
  • すべての iPhone モデル
  • iPad mini (1st generation)
Apple 5W
USB 電源アダプタ
5 W
  • すべての iPhone モデル
  • iPad mini (1st generation)
Apple 5W
USB 電源アダプタ
5 W
  • すべての iPhone モデル
  • iPad mini (1st generation)
最終更新日:
役に立ちましたか?
72% の人が役に立ったと言っています。

その他の製品サポート情報

ディスカッションを開始

Apple サポートコミュニティ
この記事に関する質問をすべて見る 自分が投稿した質問をすべて見る
日本 (日本語)